ドメインに何の意味があるの?

ドメインとは、簡単に言うとインターネット上の住所のことを指します。ただその住所にもいろいろと付加価値があったりもして、サイトを運営していく上で重要になってきます。

ドメインの役割とは

ドメインの役割を考える人ドメインとはインターネット上の住所のことです。すべてのサイトはインターネット上と言っても、どこかの物理的なマシーンのデータ上にあります。それがどにあるかというのを示しているのがドメインなのです。そのため、まったく同じものは一つも存在しません。過去に使われていたものを再利用することは可能なのですが、同時に同じものを使用することはできないのです。現実世界の人間の住所と同じです。そして、これはブログやサイトを作ったら必ず存在します。取得方法としては、無料ブログやレンタルサーバーから借りて付ける方法と、自分で独自ドメインを取得する方法があります。借りる場合には元のサイトを引き継ぐので、当然そのサイトのサービス以外では使用できませんし、seo的にもその上位サイトの状況を引き継ぐことになります。一方で、独自のものを取得した場合には、レンタルサーバーなどに依存しません。レンタルサーバーも常に安定的に稼働しているとは限らないので、他のサービスに切り替えたい場合もあるでしょう。しかし、この際にそのレンタルサーバーから借りたドメインを取得している場合には、他では使うことができなくなります。これだとサイトの引っ越しができないので非常に困ることになるでしょう。趣味程度のものであれば良いのですが、企業のものであったり、個人でも収益化が進んでいる場合には悔しい思いをすることになります。優良なサイトであったなら、そのサイトが他のサイトから被リンクを受けていたりする場合も多いでしょう。それもすべて水の泡となります。このような状況を避けたいのであれば、独自のものを取得した方が良いです。そうすればレンタルサーバーを変えても問題ないです。特に企業であれば普通は独自のものを取得しています。またこの独自のものは、メールアドレスとしての利用も可能です。@マーク以降の文字列をそのままドメイン名にすれば使えます。上記を踏まえて独自で取得する場合にはそれ専用の業者にで取得することができます。そしてそれらには有効期限があるので、更新は忘れないようにしてください。この更新を忘れると自分の権利ではなくなるので、他人に取得されても文句が言えなくなります。そのサイト丸ごと取られるということです。それほど難しいものでもないので、本格的にサイトやブログで収益化していきたいのであれば、取得することがおすすめされます。seo対策もやりやすいです。

ドメインを得るにはどうすればいいのか

ドメインとはインターネット上で個々の情報を特定するのに重要な住所のようなものであるということがいえます。この取得をするという人は会社経営者や個人事業主などが多いとされているが個人でホームページを開設したいと考えている人も近年では増えているということもあって、この知識を持っておくことでより個人の作業がスムーズに進むのではないのかと考えられているのです。これの取得方法としては誰かから取得するというのではなく個人が作るといったほうが発信したい内容などと組み合わせることもできて、より探しやすいものになるといわれています。ドメイン名の作り方は他社と被ってはいけないという暗黙のルールがあり、短くて、キャッチーでかつ覚えやすいということ、発音しやすいということ、書きやすいこと、競合する企業と似たような単語は使わないこと、誰かのトレードマークを侵害していないことが作るときの注意点として挙げられています。基本的に個人で作ったほうがいいのですが、誰かのトレードマークを侵害していないかどうかとか、ドメイン名が似ていないかどうかとか、それは個人で調べるには限界があるでしょう。企業でよく似たものを使っているものを末尾につけているところが多いがそれは有料サイトで販売されているものを買い取ったものです。もし本当に悩んだらそういったサイトで探してみるのもいいのではないでしょうか。また、どの企業がどんな単語を使って作っているのかというのも探せるサイトがあります。その二つのサイトを使い分けることによって個人で簡単にドメインが作れるようになるのです。ブランドになる会社のものというのは上記のような方法があるとしたうえで複数の言葉をつなげてみたり、覚えやすいフレーズを使ってみたり、複数の言葉を織り交ぜてみたり、言葉の一部を変更したり、言葉の前後に言葉を付け足したり、完全の造語をつくることで検索をかける人に印象を残そうとしています。しかしこの方法は基本的な方法がちゃんとできて、形だけでも作れた場合にのみ効果のあるやり方になります。ドメインの取得方法をしては第三者機関に頼るよりも個人でやるほうがインパクトのあるものが作れるようになるでしょう。もちろん第三者機関に頼るという方法もあります。しかしアクセス数を上げたいなど考えている人がいるのでしたら個人で作成することを考えてみるのもいかがでしょうか。もしよかったら、是非参考にしてみてください。

ドメインの価値はなにで決まるのか

人気のドメインは高値で取引されているサイトと共にドメインには金銭に換算できる価値があります。特にドメインの場合は中古ドメイン市場というものがあり、人気のものは高値で売買されています。ではその価値とは一体何で決まっているのでしょうか?それにはランク付けというものが大きく左右しています。ランク付けは複数の条件をもとに行われるのですが、その根幹にあるのは「信頼度の高さ」です。多角的に見て信頼度が高いほどランクも高いイコール価値の高いものと判断されます。その信頼度の判断基準の1つはドメインを取得してから何年経っているかということ。長くなる程ランクが上がる要素があります。しかし、ただ長ければ良いかというとそうではなく、いくら長くてもほとんど更新されない放置状態のようなサイトではランクはあまり上がりません。更新頻度は必ずしも高ければ良いということでもありませんが、それなりの活発さというものがなければ検索エンジンの上位表示などもされにくくなり、それでは価値があるとはとても言えるサイトには値しないという判断になります。では、逆に取得後の年数が短いものは絶対にレベルを上げることが出来ないのかというと、そんなことはないどころか、むしろ下手に長くやっているだけのものよりもよほどに高い評価を受ける場合があります。それがアクセス数と世間的な知名度です。価値基準の一番である信頼度とはこのアクセス数と知名度であるといっても過言ではありません。更には被リンク数というものもまたその数が1つの判定基準となります。検索エンジンの上位表示などはまさにこれがメインといっても過言ではありません。といってもこの被リンクの場合は、どんな手を使ってもとにかく1つでも多くつけるというやり方では逆にペナルティを受けてしまい完全な逆効果となってしまいますので、作為的に行われたものでない必要があります。これらが突出して高ければ、取得後1年未満であったとしても一気に高いランクを付けられ価値の高いドメインという判定になって手放す時も高値で売ることが出来るようになります。また、実際に今現在の価値がどのくらいなのかを知ることが出来るサイトなども複数あり、URLを入力するだけで世界的に見て、あるいは日本国内でなど様々な角度から無料で瞬時に測定することが出来ますが、それが絶対的に信頼できるかというとあながちそうとも言えませんのでこれは参考程度にとどめておくのが良いでしょう。

関連記事一覧

  • ドメインのSEO向上の記事を量産するバックリンカー

    サイトのSEOを向上する方法には様々な方法が有ります。本来はサイトの内容を充実させ様々な他のサイトから地道に被リンクをうける数を増やすのが正当な方法ですが、これではサイトの存在を見つけてもらうまでに時

  • pendingdeleteドメインと楽天ブログ

    楽天ブログはとても使いやすいサービスですが、ある程度閲覧数が得られるようになり、アフィリエイトの収入を増やしたいなら独自ドメインに行くべきです。しかし、ただ単にアルファベットの並びで新規に作成するのは